2007年02月14日

rasen byJanne Da Arc

「rasen」


生きとし生けるものすべて 何のために生きているの?
人はなぜ生まれたの? 今の僕にはまだ 答えられない、、、。

The devil that resides deep in the forest,is capable of translating the true from of human
beings onto its'mirror that reflects the future'."It seems that you have hope. Come stand
in front of this mirror to see what becomes of you in the future."
森に住む魔神は、 "未来をうつす鏡"で人々の真実の姿を映し出す。
「お前には希望とやらがあるらしいが、この鏡の前に立って未来の自分をのぞいてみるか?」

深い森の奥には まだ眠れぬ魂
ゆらりと描く 死の螺旋を
樹海の霧に誘われ 場所を探す
声を枯れ果てるまで 君を呼ぶよ

ぬけがらは風に吹かれて 静かに砂となって消える
灰を集めて 海へと 今 流し、、、

君を想い続けて 螺旋 描く 僕らは旅人
今はもう聞こえない 君の唄声さえ聞こえない、、、、。

The reflection in the mirror was nothing but a weary human without any dream and hope,
and it was you. "This is what becomes of you, and there's nothing you can do about that.
鏡に映ったものは、 夢も希望もない疲れ切った自分の姿。
「どうだ?これが避けられない未来のお前の姿だ。

LUNAの鏡 未来を 映し出せば
世界 破壊と腐敗 絶望だけ

失われた最後のメロディー 現れた"希望"唱う少女
同じ 破滅を奏でて 「ほら、おいで、、」

君を想い続けて 螺旋 辿り 今、 生まれ変わる
砕かれた鏡には 何も映らない もう語らない、、、、。

やがて、 風は消え、、、、
森は枯れ、、、、
すべて壊れ、、、夢の中

今も、、、君を想い続けて 螺旋 描く 僕らは旅人
砕かれた鏡には 何も映らない もう語らない
君を想い続けて 螺旋 辿り 今、 生まれ変わる
"何のために生きるのか?" 僕は 今これから 見つけだす

Human beings are pathatic. Though you may have hope,you creatures apt to play the
Sixth Melody over and again. And you too,shall be taken in by that darkness.
What can be more pitiful than this?
What you have done till this day, and that you plan to do tomorrow...it's all worthless.
Let it go. Stay here. Dream and hopes are worthless.
Should you go gyratory with the sleepless spirits and wander around in this forest
for the rest of your life,and you shall not see the despair awaiting for you in the future...
Forever, and ever, and ever....."
人間はバカだ。 どんなに希望を持ったとしても、 人間は再び第六のメロディーを奏でてしまう。そして未来のお前もその闇に呑まれてしまうのだ。 虚しいと思わないか?
今までお前がやってきたこと。
これからお前がやろうとしていること。 全てが無駄になるのだ。
もうやめろ。ここにいろ。
夢や希望 なんてくだらないものは捨てて、眠れぬ魂達と共に螺旋を描き、この森の中を
彷徨い続けていれば絶望や失望する未来を見なくてすむのだよ?
永遠に、、、、。」


posted by SEI at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。