2007年02月14日

霞ゆく空背にして byJanne Da Arc

「霞ゆく空背にして」


霞ゆく空背にして 僕はもう振り返らない
二度と逢えないとしても
君と逢えた めぐり逢えた 奇跡を抱きしめられたら
不思議にこの不安は消えるから

錆び付いたフェンスに登って 明日さがした 新しい自分を見つけたくて
少しだけ早い粉雪 指に溶けて 胸にしまい込んだ傷にしみた

口づけて 愛し方 教えてくれたなら
忘れ方も 教えてよ

霞ゆく空背にして 僕はもう振り返らない
二度と逢えないとしても
ためらいのない 想いだけが ただ一つあればいいから
春を待たず 新たな旅に出よう

僕の考えは間違いと 自分隠した 正しさが何かもわからずに
流した涙の数だけ 君を愛してた これだけは言えるよ間違いじゃない

ひび割れて 色褪せて やさしさが生まれて
君がいたから 勇気は育つと思える

霞ゆく空背にして 僕はもう振り返らない
二度と逢えないとしても
君と逢えた めぐり逢えた 奇跡を抱きしめられたら
不思議にこの不安は消えるから

かじかむ心見つめて 傷みと迷いの中で
強さの意味を見つけよう
ためらいのない 想いだけが ただ一つあればいいから
春を待たず 新たな旅に出よう


posted by SEI at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33648231

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。