2007年02月14日

赤い月 byJanne Da Arc

「赤い月」


眠らない 地球は熟しすぎた果実
謂われない 新たな風を待つ
すべて 砂となり 水となり 大気となり
汚れない 種だけを宿して 墜ちゆく運命?

無言のヘブン 光と嘘にまみれ
ただ一人 君は愛を唱う
恥を隠す様に 世界は過去を消した
何もかも 月は見てるのに

哀しげに 赤い月が泣いてる 赤い瞳の様に浮かび
涙は流星 溶かして
移り変わる神話達を 遠い昔から知るのなら
教えて 救いの術を

宇宙へ祈り 空気に響き
君の迷い 月に問い掛け
宇宙へ祈り 大地に誓う
赤い月よ 知恵を与えて

時を越え 赤い月は宇宙から かすかな光を照らし
新しい 歴史を刻む

宇宙へ祈り 空気に響き
君の声は まだ届かない
宇宙へ祈り 北の方角へ
君は願い 歩き続けてる

posted by SEI at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。