2007年02月14日

Dreaming on the Radio by越前リョーマ

「Dreaming on the Radio」



おろしたてのシャツと
不釣り合いな 擦り切れたスニーカーで
街を歩けば宛てない期待
踏みしめていたTeenage Blues

あの頃はあれで自分なりに
がんばってたんだけど
あの日偶然 聴こえた声に
心奪われてしまったんだ

I Dreaming on the radio
いつも そこに 明日を見てた
Dreaming on the radio
今夜 君の 声が聴きたいんだ

君に恋したんだDJ
ココロ Round & Round になって
何か新しいコトが出来るって
魔法をかけてくれるんだ
君に恋したんだDJ
時に Up Side Down になって
こんな張り裂けそうな想いごと
君に届け
今日のリクエスト

最近少しは
あの頃よりマシになったけれど
上手くいかない時は人並みに
すこし凹んだりして

目をそらすような映像流す
ニュースに興味はない
暗い話題に詳しくなれば
大人になるって事じゃないだろ

I Dreaming on the radio
今も そこに 明日を見てる
Dreaming on the radio
今夜 君の 声が聴きたいんだ

君に恋したんだDJ
ココロ Rock & Roll になって
ふいに君が喋るそのフレーズが
勇気あたえてくれてるんだ
君に恋したんだDJ
時に High & Low になって
こんな溢れ出しそうな想いごと
君に届け
今日のリクエスト

君と出会ったあの日から
歩き出したこの道を
いつか振り返るそんな日が
僕にも来るだろうか

がむしゃらだったあの時も
かけがえのない今も
この道の上 歩いていれば
君の声が聴こえてくるんだ

I Dreaming on the radio
いつも そこに 明日を見てた
Dreaming on the radio
Anytime Anywhere
I Listen to the radio yeah!

君に恋してんだDJ
ココロ Round & Round になって
何か新しいコトが出来るって
魔法をかけてくれるんだ
君に恋したんだDJ
ココロ Rock & Roll になって
ふいに君が喋るそのフレーズが
勇気あたえてくれてるんだ
君に恋してんだDJ
時に High & Low になって
こんな張り裂けそうな想いごと
君に届け
今日のリクエスト

posted by SEI at 13:04| Comment(24) | TrackBack(0) | The Prince Of Tennis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メラメラ byプルタブと缶

「メラメラ」



今 ココロに咲いた花
夏の夜に抱(いだ)いた夢に
掲げた

けだるい体をWake up
One dayはOh!なんて 短くて
都会を離れてみないか?
悩めるHuman 忘れて

夏のせいにして
羽目はずして
ストレス飛ばしていいんじゃない!

今 ココロに咲いた花
夏の夜に抱(いだ)いた夢に
情熱の太陽が
メラメラと照らしてるから
I feel good!

動き始めるよRight now
問題はOh!なんてToo muchで
視界を広げてみないか?
語れる夢 描いて

誰かのせいにして
誤魔化して
そんなんじゃ前に進まない!

求めるだけ求めても
カラカラに渇いてしまう
未来(あした)へと続く道
ギラギラと輝く限り
I feel good

今 ココロに咲いた花
夏の夜に抱(いだ)いた夢に
情熱の太陽が
メラメラと照らしてるから
求めるだけ求めても
カラカラに渇いてしまう
未来(あした)へと続く道
ギラギラと輝く限り
I feel good!

posted by SEI at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | The Prince Of Tennis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Prince Of Tennis

【SOLO】
[切原赤也]
赤く染める月

【PAIR】

【GROUP】
[プルタブと缶]
Wonderful Days
posted by SEI at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | List | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Janne Da Arc

posted by SEI at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | List | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Shining ray byJanne Da Arc

「Shining ray」


どこに向かって走れば
もっと 素敵な明日に逢える?
舵を取って 胸にしまった
奇跡の地図を広げた

空を目指して 夢を探して
道に迷った時もある
夢じゃなくて 君と出会って
素敵な自分を見つけた

小さな勇気から 大きな物手にした
"願い"を今こそ"誓い"に変えて

Shining ray! Find your brand new way.
未来の物語を描こう
新しい風にすべての思い乗せて 今、、
Shining ray! Find your brand new way.
a never ending journey to be together.
どこまでも追いかけてShining ray

色んな景色 胸に刻んで
遠くにまで来たけれど
今になって あの答えだけ
まだ 見つけられなくて

遠回りでいいから "生きる"意味覚えたい
この光が心照らす限り

Shining ray! Find your brand new way.
永遠の太陽に手を伸ばして
過去を悔いやむより 現在を確かめていたい
Shining ray! Find your brand new way.
a never ending journey to be together.
すべてを導いて Shining ray

Shining ray! Find your brand new way.
未来の物語を描こう
新しい風にすべての思い乗せて 今、、
Shining ray! Find your brand new way.
a never ending journey to be together.
どこまでも追いかけてShining ray
Shining ray! Find your brand new way.
a never ending journey to be together.
すべてを導いて Shining ray

posted by SEI at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rainy 〜愛の調べ〜 byJanne Da Arc

「Rainy 〜愛の調べ〜」


君との 想い出だけは
一つも 雨に流れない
短すぎた季節の中で
まだ君が笑ってる
二人で 輝きながら
確かな 愛を育てたよね
最後の言葉になるけれど
捧げたい この唄を、、、。

降りだした雨に濡れ 街を歩いた
ゆきかう人々は 誰も忙しそう
びしょ濡れの背中まで 泣いてるみたい?
一人にしておいて、、、もうすぐ寒い冬が終わる

君との 想い出だけは
一つも 雨に流れない
短すぎた季節の中で
まだ君が笑ってる

寒い夜 君とよく 唄ったあの唄
今も覚えてるよ 灯りは消したまま
寂びたギター 暗い部屋 外は今日も雨、、、
君を失った今、、、誰のために唄えばいいの?

君との 想い出だけは
一つも 雨は流さない
短すぎた季節の中で
まだ君が笑ってる

このまま 時間を止めて
悲しみ 涙 枯れるまで
もう一度 今心の声を
愛の調べに乗せて、、、、。

君との 想い出だけは
一つも 雨は流さない
短すぎた季節の中で
まだ君が笑ってる
どれだけ 記憶辿っても
どれだけ 時間が過ぎても
こんなに 忘れられないくらい
愛したのは君だけ、、、、、。
二人で 輝きながら
確かな 愛を育てたよね
広がる 雨上がりの空に
僕の明日が見えた、、、。


posted by SEI at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

rasen byJanne Da Arc

「rasen」


生きとし生けるものすべて 何のために生きているの?
人はなぜ生まれたの? 今の僕にはまだ 答えられない、、、。

The devil that resides deep in the forest,is capable of translating the true from of human
beings onto its'mirror that reflects the future'."It seems that you have hope. Come stand
in front of this mirror to see what becomes of you in the future."
森に住む魔神は、 "未来をうつす鏡"で人々の真実の姿を映し出す。
「お前には希望とやらがあるらしいが、この鏡の前に立って未来の自分をのぞいてみるか?」

深い森の奥には まだ眠れぬ魂
ゆらりと描く 死の螺旋を
樹海の霧に誘われ 場所を探す
声を枯れ果てるまで 君を呼ぶよ

ぬけがらは風に吹かれて 静かに砂となって消える
灰を集めて 海へと 今 流し、、、

君を想い続けて 螺旋 描く 僕らは旅人
今はもう聞こえない 君の唄声さえ聞こえない、、、、。

The reflection in the mirror was nothing but a weary human without any dream and hope,
and it was you. "This is what becomes of you, and there's nothing you can do about that.
鏡に映ったものは、 夢も希望もない疲れ切った自分の姿。
「どうだ?これが避けられない未来のお前の姿だ。

LUNAの鏡 未来を 映し出せば
世界 破壊と腐敗 絶望だけ

失われた最後のメロディー 現れた"希望"唱う少女
同じ 破滅を奏でて 「ほら、おいで、、」

君を想い続けて 螺旋 辿り 今、 生まれ変わる
砕かれた鏡には 何も映らない もう語らない、、、、。

やがて、 風は消え、、、、
森は枯れ、、、、
すべて壊れ、、、夢の中

今も、、、君を想い続けて 螺旋 描く 僕らは旅人
砕かれた鏡には 何も映らない もう語らない
君を想い続けて 螺旋 辿り 今、 生まれ変わる
"何のために生きるのか?" 僕は 今これから 見つけだす

Human beings are pathatic. Though you may have hope,you creatures apt to play the
Sixth Melody over and again. And you too,shall be taken in by that darkness.
What can be more pitiful than this?
What you have done till this day, and that you plan to do tomorrow...it's all worthless.
Let it go. Stay here. Dream and hopes are worthless.
Should you go gyratory with the sleepless spirits and wander around in this forest
for the rest of your life,and you shall not see the despair awaiting for you in the future...
Forever, and ever, and ever....."
人間はバカだ。 どんなに希望を持ったとしても、 人間は再び第六のメロディーを奏でてしまう。そして未来のお前もその闇に呑まれてしまうのだ。 虚しいと思わないか?
今までお前がやってきたこと。
これからお前がやろうとしていること。 全てが無駄になるのだ。
もうやめろ。ここにいろ。
夢や希望 なんてくだらないものは捨てて、眠れぬ魂達と共に螺旋を描き、この森の中を
彷徨い続けていれば絶望や失望する未来を見なくてすむのだよ?
永遠に、、、、。」


posted by SEI at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァンパイア byJanne Da Arc

「ヴァンパイア」


見た目はタイプ ちょっと辛口
役立たない インスピレーション
「あれ買って もっと愛して」
あなた貢がせ上手
突き上げて ウェットにさせて
ハマ らせて バイブレーション
墜ちてから やっと気づいた
あなたはヴァンパイア

絡める舌を切り落としてやりたい
愛撫する指をへし折りたい
噛みつきたくてもあなたはいない
心 覗け ほら何が見えた?

情けなくていい 傍にいたいだけ
何もいらないけれど 証を下さい
誰も見えなくて 壊れてしまいそう
全て吸い取って 骨の髄まで

誰でもいい ギュッと感じて
天国へ ナビゲーション
わかってる バカな女
あなた貢がせ上手
諦めた リミットギリギリ
間違った マスターベーション
愛なんて ちっぽけだから
全部無料であげる

ママゴト遊びの虚しい部屋で
散らかる愛の残骸は偽物?
心も体も干からびただけ
未来を見ろ ほら何が見えた?

飾らなくていい 愛されたいだけ
今すべてを無くしても あなたが欲しい

すべて凍りついて コナゴナになりそう
一人にしないで 奴隷でイイから

あなたに抱かれて 胸に爪を立て
こんなにツライなら 愛なんて信じない
忘れられなくて 離れられなくて
あなたの嘘をまだ どこかで信じてる

飾らなくていい 傍にいたいだけ
何もいらないけれど 証を下さい
すべて凍りついて コナゴナになりそう
全て吸い取って 骨の髄まで


posted by SEI at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

suicide note byJanne Da Arc

「suicide note」


今日、授業で 教わったMartin Luther King Jr.
何も知らない先生 「差別しちゃダメよ。」
無意味な暴力 日毎見事にエスカレート
先生、余計な知識 教え込まないでお願い

「アイツが要らないと思う人は、この指止まれ!」
世界中に 僕の居場所はどこにもないの?

届かない 力無い 僕の声を 誰か少し聞いて
泣き叫んでも知らんぷり うるさい静寂の中で
いつもの会話 わからなくていいから僕に聞かせて
ヤバイ?病?肥大?蝕まれ 次第に僕は声を亡くした

みんな笑った 好きな子の前で脱がされ
教室に入れば 机に花 飾られてた

腕をガラスの欠片で刺して 確かめてみた
血の色は同じだよ? やめて仲間外れ

たまらない えげつない 拷問部屋? ここはどこ?解らない
助け呼んでも無視され みんなの声に掻き消され
イタイのはヤダ、、 悪いこともするから 仲間に入れて
支配?家来?無害?バカにされ 悪いのはみんな?それとも僕?

届かない 力無い 僕の声を 誰か少し聞いて
泣き叫んでも知らんぷり うるさい静寂の中で
いつもの会話 わからなくていいから僕に聞かせて
ダサイ?自害?しない!閉ざさずに 変わりたいのなら殻を破れ!


posted by SEI at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霞ゆく空背にして byJanne Da Arc

「霞ゆく空背にして」


霞ゆく空背にして 僕はもう振り返らない
二度と逢えないとしても
君と逢えた めぐり逢えた 奇跡を抱きしめられたら
不思議にこの不安は消えるから

錆び付いたフェンスに登って 明日さがした 新しい自分を見つけたくて
少しだけ早い粉雪 指に溶けて 胸にしまい込んだ傷にしみた

口づけて 愛し方 教えてくれたなら
忘れ方も 教えてよ

霞ゆく空背にして 僕はもう振り返らない
二度と逢えないとしても
ためらいのない 想いだけが ただ一つあればいいから
春を待たず 新たな旅に出よう

僕の考えは間違いと 自分隠した 正しさが何かもわからずに
流した涙の数だけ 君を愛してた これだけは言えるよ間違いじゃない

ひび割れて 色褪せて やさしさが生まれて
君がいたから 勇気は育つと思える

霞ゆく空背にして 僕はもう振り返らない
二度と逢えないとしても
君と逢えた めぐり逢えた 奇跡を抱きしめられたら
不思議にこの不安は消えるから

かじかむ心見つめて 傷みと迷いの中で
強さの意味を見つけよう
ためらいのない 想いだけが ただ一つあればいいから
春を待たず 新たな旅に出よう


posted by SEI at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

explosion byJanne Da Arc

「explosion」


欺かれて "見捨てられて"
心も表情もねじ曲がり
抑えきれない "怒り、恨み"
紅蓮の炎 湧き上がる様に

What did you say?
Don't give me that!
Make up your mind!
Don't be afraid!

I can't take it!
Don't stop fury.
What do you want?
P.A.I.N?

同じ苦しみを味あわせてやる…

目障りなら "壊せばいい"
これ以外 やり方を知らない
気に入らない "黙らせとく?"
話し合いなどには応じない

What did you say?
Don't give me that!
Make up your mind!
Don't be afraid!

I can't take it!
Don't stop fury.
What do you want?
P.A.I.N?

牙をむきたいだけ理由は要らない…
無差別にResistance

Heavy explosion わがままemotion
弱い犬ほどよく吠えるから
他愛もないことで傷つけ
チヤホヤされてイイ気持ち
Light explosion ハッタリキメmotion
"反抗"と"主張"を履き違えて
キレる方は、楽でいいよね
いつまでも ガキのままでいるの?

Heavy explosion わがままemotion
また今日も導火線に火をつけ
闇雲にブチギレパフォーマンス
チヤホヤされてイイ気持ち
Light explosion ハッタリキメmotion
過去の傷みを引きづらないで
爆発する そのエネルギーで
消せない 炎を飛び越えろ!


posted by SEI at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PARADISE byJanne Da Arc

「PARADISE」


堅い顔したビジネスマン 肩の力抜いて
ひざ抱えたアーティスト プレッシャーを味方につけて

サブリミナルなコマーシャル 虜にならないで
まだ見ぬ楽園目指し みんなで朝まで騒ごう

天に召されてプレミアム 歴史の偉人たち
生きていた時の方が 価値があると思うけど

「前に習え」する事が 大人だと思っているの?
時代には逆らえない でもたまには。。。現実逃避

パラダイスが見つからないなら 今つくればいいじゃない
好きにやらせてくれませんか ひたすら楽しく生きていくため

雨の日にも晴れた日にも ジョークで吹き飛ばし
脳天気を指差して ねたみ言う奴はナンセンス

自称「悲劇のヒロイン」は 心が悲劇だって事
いつまでも気付かない だから早く。。。現実逃避

パラダイスにルールはいらない ただ裸で踊ろう
プライドなんか気にしないで ひたすら楽しく生きていくため
パラダイスが見つからないなら 今つくればいいじゃない
好きにやらせてくれませんか ひたすら楽しく生きていくため

パラダイスにルールはいらない ただ裸で踊ろう
プライドなんか気にしないで ひたすら楽しく生きていくため


posted by SEI at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

What's up! byJanne Da Arc

「What's up!」


強気なやんちゃベーシスト ペットには「でちゅまちゅ」言葉
ゾロ目をこよなく愛す 几帳面でハデなドラマー

coolに決めるギタリスト やっぱりギャグもcoolで
内気な笑顔のピアニスト 以外とキレると恐い

僕はいつまでも思うよ 今が続くと
まじめにバカやり続けながら 唄い 笑い 輝けるように

白いキャンパスに描く 鮮やかな未来を
今より眺めのいい場所へ 君を連れて
かざす僕の手の平で 何が掴めるだろう?
ここに立つ僕達 まだ君が必要だから
迷わないで 笑ってずっとそばにいて

ハジけてもそろそろミドル 若い子には勝てなくて
浮気性の君だけど 目移り時々にしてね

愚痴りながら でも楽しく ここまで来たよ
君の呼ぶ声を辿って 未来 光 包まれるように

やがて辿り着く未来 次は何を描こう?
今大地を蹴って 強く 羽ばたきたい
かざす僕の手の平で 何が掴めるだろう?
君だけ感じたい いつまでも一緒にいよう
素顔のまま 僕の手を離さないで

白いキャンパスに描く 鮮やかな未来を
今より眺めのいい場所へ 君を連れて
かざす僕の手の平で 何が掴めるだろう?
ここに立つ僕達 まだ君が必要だから
迷わないで 笑ってずっとそばにいて


posted by SEI at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤い月 byJanne Da Arc

「赤い月」


眠らない 地球は熟しすぎた果実
謂われない 新たな風を待つ
すべて 砂となり 水となり 大気となり
汚れない 種だけを宿して 墜ちゆく運命?

無言のヘブン 光と嘘にまみれ
ただ一人 君は愛を唱う
恥を隠す様に 世界は過去を消した
何もかも 月は見てるのに

哀しげに 赤い月が泣いてる 赤い瞳の様に浮かび
涙は流星 溶かして
移り変わる神話達を 遠い昔から知るのなら
教えて 救いの術を

宇宙へ祈り 空気に響き
君の迷い 月に問い掛け
宇宙へ祈り 大地に誓う
赤い月よ 知恵を与えて

時を越え 赤い月は宇宙から かすかな光を照らし
新しい 歴史を刻む

宇宙へ祈り 空気に響き
君の声は まだ届かない
宇宙へ祈り 北の方角へ
君は願い 歩き続けてる

posted by SEI at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OASIS byJanne Da Arc

「OASIS」


現実・常識・教養に縛られ
組織の歯車 僕もアンドロイド
捧げ尽くしたyesマン 容赦もなく
「あなたはもういらないから今日で消えて、、、」

今さら何を目指して生きてけばいいの?
この世の中どこ行けど 闇の世界

僕はいつのまにか 夢見ることも忘れ
洗脳 MOTHER BRAIN ウイルス増殖

forever and ever
僕の未来 広がる大地 オアシスを 僕に返して
眠り奪う 終らない夜 求めた 夢のメロディー 蜃気楼

何か得る度 大事な物を失くし
いつから僕は大人になったのだろう?

昔 描いた夢 闇の魔物に喰われ
崩壊 MOTHER BRAIN データ消去

forever and ever
僕の未来 広がる大地 オアシスよ 今黄泉がえれ
僕の総て 零に戻して 時空の彼方 果てない旅路へ

forever and ever
僕の未来 広がる大地 オアシスよ 今黄泉がえれ
僕の総て 零に戻して 時空の彼方 果てない旅路へ


posted by SEI at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリアの爪痕 byJanne Da Arc

「マリアの爪痕」


マリア 愛して 死ぬまで だまして
マリア 白い肌に 爪立てて もう一度

ネオンの海に Dive
溺れてく ペシミスト
何もかも かりそめの 言葉 赤い唇誘って
一夜限りの Dance
天使のレプリカント?
わだかまり からまわり すべて あの夜に淫れて溶けた

君の肩に 微笑むマリアのタトゥー
君を抱けば 今生きてると思えた
夜を迎える度 甦る

マリア 愛して 死ぬまで だまして
マリア 白い肌に 爪立てて もう一度

うたかたの恋じゃなく 本当の愛を求めて
今でもまだうずいてる 胸にマリアの爪痕

馴れた息づかい
君は蛇使い
花びらは濡れたまま ひらく 欲しがる僕は飢えたまま

君の肩に 微笑むマリアのタトゥー
君を抱けば 愛に触れた気がした
朝に消えた女神 夢幻?

マリア うつろな 世界に 君だけ
マリア 白い肌に 爪立てて 描いた

マリア 愛して 死ぬまで だまして
マリア 白い肌に 爪立てて もう一度

霧の様な世界で 一つだけの真実
君の残した傷跡 それはマリアの爪痕

posted by SEI at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

in the story byJanne Da Arc

「in the story」


Dream.... 朝のない闇の世界
自由と眠り奪われ
描く夢 叶える知恵は
不協和音にかき消された

Love.... 凍りつくいつかのメロディー
未来など育たない
欲しいなら 炎を越えて
今、勇気を示せ

芽生えた愚かな心
神々は欺かれ
この世界にもたらされた
破滅のメロディー
欲望の悪魔と踊れ
時代が生んだ毒薬
終わりなき罪を飲み干せ
unlimited possiblities. wake up!

めぐりめぐる歴史を今
そっと君だけに託そう
誰も皆 小さな天才だから
君の中の可能性と
あふれ出すイマジネーション
昔見た 夢だけで終わらせないで
今君の 声を聞かせてくれないか?

化学に呪われた風
異臭放つ腐る海
犯されたように穴だらけ
哀れな大地
快楽選んだ成れの果て
今君の住む世界も
流れているかも、、、、第六の、、、、。
unlimited possiblities. wake up!

めぐりめぐる歴史を今
そっと君だけに託そう
誰も皆 小さな天才だから
君にだけにしかできない
君にだけにしか救えない
君だけが 使える見えない力で
今ここに 五つのメロディー奏でて

truth.... 丘に立つ 君はまさに
歩き出そうとしている、、、、。


posted by SEI at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな星 by奥華子

「小さな星」



こんなに寂しい恋だと知ってたら
あなたを好きにならなかったのに
一瞬でもそんな事思った私は
誰よりも きっと 弱虫だったね

夕焼けがほら 赤く染まって
あなたの街にまで続いてく 今日も明日も

もっともっと近くにいてね ずっとずっと離れていても
繋いでいてね 私の事 何処にいても忘れないで
もっともっと近くにいてね ずっときっともっと
優しくなりたいな 会えない夜でも 心は私のそばで

電話のキス 一ヶ月後の約束
それだけで強くなれる気がしたのに
不安な気持ち抑えきれなくて
わがままに涙流れていったの

夜の空に 小さな星が
あなたと私を繋いでゆく 今日も明日も

もっともっと近くにいてね ずっとずっと離れていても
切なくても 苦しくても あなただけを想ってるよ
もっともっと近くにいてね ずっときっともっと
守ってあげたいな 会えない夜でも 心はあなたのそばに

どれだけ言葉並べたら あなたに届くだろう
二人を邪魔する距離に負けないように
いつでも 私を離さないで

もっともっと近くにいてね ずっとずっと離れていても
繋いでいてね 私の事 何処にいても忘れないで
もっともっと 近くにいてね ずっときっともっと
優しくなりたいな 会えない夜でも 心は私のそばで

優しくなりたいな 会えない夜でも 心は私のそばで


posted by SEI at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メビウス byJanne Da Arc

「メビウス」



時は流れて
星は流れて めぐる
人は流れて
涙 流れて どこへ行く

震えた指先じゃ 何も掴み取れなくて
めぐり逢い からみ合い 生まれ変われない

声を枯らして
身を切り裂いて
出口を探し続けても
夜に咲いた愛しさに駆られ 抜け出せないメビウス
哀しきアクセス
壊れたエンドレス
心が絡みついたまま
行き場のないピリオドの行方 くりかえす悲しみのメビウス

誓いは風に
願いは海に 消える
命は空へ
心は堕ちて どこへ行く

瞳は色褪せて 何も見つけられなくて
恋しくて 苦しくて あなたを求めて

声を枯らして
身を切り裂いて
出口を探し続けても
夜に咲いた愛しさに駆られ 抜け出せないメビウス
哀しきアクセス
壊れたエンドレス
心が絡みついたまま
行き場のないピリオドの行方 くりかえす悲しみのメビウス

千切れたネックレス
枯れないシークレット
マニキュア涙色に染め
凍りついた月明かりに抱かれ はかなく踊れ
哀しきアクセス
壊れたエンドレス
心が絡みついたまま
行き場のないピリオドの行方 くりかえす悲しみのメビウス

posted by SEI at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HEAVEN byJanne Da Arc

「HEAVEN」

悲しそうな目ばかりしないで
迎えに行くから 大人しく待ってろよ
焼け付いたアスファルト蹴って
このまま二人で 天国まで行こうか

君がいる時代に 生まれて来れた事が
僕にとっての 生きてる意味があるんだよ

きっと生まれ変わったって 同じ場所で
きっと君を見つけてあげるよ
太陽になって 君が枯れない様に
すべてを照らしていたい

愛の言葉はテレるけど
ただ僕のために 伸ばした髪が愛しいよ
誇れる物などないけど
君だけのために 涙を枯らせてみせよう

色褪せた世界で 誓いの口づけして
君と二人で 世界を何色に変える?

決して終わりが来たって 怖くはない
じっとしていたってちょっと眠いよ
不器用に生きて だけどきらめいて
君がそう そばにいるなら

例えばすべてを捨てて 守るモノがあるのなら
それは君じゃなきゃ意味がないんだよ
笑ってよ 君のために 僕のために
例えば君の手をとり 死ねるのなら 構わなくて
君がいれば優しい死神がきて
安らかに逝かせてくれると思うんだよ

きっと生まれ変わったって 同じ場所で
きっと君を見つけてあげるよ
太陽になって 君が枯れない様に
すべてを照らしていたい

決して終わりが来たって 怖くはない
じっとしていたってちょっと眠いよ
不器用に生きて だけどきらめいて
君がそう そばにいるなら

posted by SEI at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Janne Da Arc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな宵月 by伊藤陽佑

「小さな宵月」


階段を降りると途中で地下鉄の発車ベルが鳴って
僕の右側を駆け足で過ぎる人が一人か二人
少し急いでみれば端の車両に間に合うのだけれど明日は休みだし
「次の電車でもいいか」と さっき右側を通り過ぎた人を見送る

でもこんな日に限って
好きな番組の頭を見逃して後悔すんだ

moonlight
小さな事だと世界を尺度にして 今日も強がって( )つけて
小さな僕には大事件同然で本当は弱くて
誰かに言いたくて仕方ないんだ

天気予報は雨だからと傘を持ち出していたのに一粒も降りやしない
「騙された」と口に放り込むガムが一粒

でもこんな日に限って急な夕立に染まって
昨日より暗い夜になるんだ

moonlight
小さな言葉が世界を巡り合わせていく 遠くてもすぐ近くでも
小さなウソツキ 三月と寒がり宵月
あなたに会いたくて仕方ないんだ

good night
優しいメロディと暖かい毛布で包んで
暗闇と眠れぬ夜を
木々の囁きに ハルジオンの呟き
あなたの話しが空の色

小さな事だと世界を尺度にして今日も強がって( )つけて
小さな僕には大事件同然で本当は弱くて
誰かに言いたくて仕方ないんだ

posted by SEI at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢でいいから by加藤和樹

「夢でいいから」


世界でただ一つ 光、見つけた 君と逢うため 僕はいたんだ
あの日からの僕は 意味を見つけた 君を守るため 生きてゆく

眠れなくて 切ないならば そばに行くから 今夜今夜
震える肩 抱きしめるように

夢でいいから 二人の笑顔が消えぬ場所
ください、神様 叶えて、お願い 時を今止めて

いつのまにか星空。 見渡す限り 続いてゆくような時間の中
喜びや苦しみ いくつものメロディ 残して形を変えてゆく

守るためとか 進むためだとか そんな理由でいつも 人は人は
戦い出す 「明日のために」

夢でいいから 冷たい君の頬に光を
流れ落ちた涙 いつでも拾うから 心今開いて

裏切り、嘘、罪にならない程にあって
行き先のない旅 君となら飛べるんだ

夢でいいから 二人の心が消えぬ場所
ください、神様 叶えて、お願い 時を今止めて

posted by SEI at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライン by加藤和樹

「ライン」


君に何があったのか知らないけど いい加減もう やめなよ
ほらギリギリ 人との距離計って 深入りはもう ごめんか?

「傷つけずに 傷つかずにいたい」って そんな言葉言うけど
こんな街でも居場所を捜している 何か期待してるんだ

疑ってるほど 軽い動機で 言い出したわけじゃないってことだよ

君のラインを超えていく 強引にでも踏み込んで
危ない空気感じたって そこまで行かせて
愛だなんだ言わない まだそんなに求めない
ただ君に触れたい 心まで抱きしめたい

同情なんていらないことは わかってるさ そうじゃないんだ
結局どこか似てるんだろう だからわかるよ深い場所まで

君のラインを超えていく 強引にでも踏み込んで
危ない空気感じたって そこまで行かせて
愛だなんだ言わない まだそんなに求めない
ただ君に触れたい 心抱きしめて
傷ついたって構わない 君からは逃げない
心直に触れたい どうなろうとしても
それも君だから なにもかもさらけ出して

posted by SEI at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HIGHER DREAM by加藤和樹

「HIGHER DREAM」


ショゲきった顔で ツマラナイ話なんて
ここらへんで もうよそう
いつまでも暗い 部屋なんかいられない
新しい靴でも 下ろそう

ヌルめの 日常に 落とした 魂を 引き上げろ

萎えたハートに ハーケン突き立て
上り詰める 俺自身の HIGHER DREAM
数センチの 手がかりに指を
掛ければほら 近づく 頂上

このままじゃ何も 知らないうち過ぎちゃって
狭い街で 溺れそう
夢見れない世界 それ=リアルって
そんなはずじゃない そうだろう?

少しは マシな未来 描いて 空へと 積み上げろ

暇なハートに ハーケン打ち抜け
無理矢理でも 引き上げる HIGHER DREAM
ここじゃ夢も 軽く沸騰して
あふれてくる 最高の 瞬間

今は Maybe,Shady 雲の向こうに
だけどUh Yeah,Uh Yeah 高く強い 光

萎えたハートに ハーケン突き立て
上り詰める 俺自身の HIGHER DREAM
数センチの 手がかかりに指を
掛ければほら 近づく 頂上

posted by SEI at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君とずっと by加藤和樹

「君とずっと」


出会いと別れを繰り返し 僕等巡り会い恋をした
愛すること愛されること 教えてくれた君

寒さ残る二月 風が身に染みてく 先が見えず何にも手がつかない
そんな僕の前に君が現れたんだ 月が満ちた冷たい夜空の下

君は僕の理想じゃない
でもね なぜか目が離せなくなって
気付くと 心奪われてた

出会いと別れを繰り返し 僕等巡り会い恋をした
やわらかな木漏れ日の中で 終わらない夢みよう

桜舞う四月は 空も街も人も みんなどこか輝いて見える
そんな季節にふたり 距離が近づいてく
ありのままの 自分でいられるんだ

あの日見せた君の涙 忘れないよ
二度と泣かせたりしない 僕がすべて受け止めるよ

悲しみも苦しみもいつか 君といれば強さに変わる
ふたりでいることの幸せ 感じて生きてゆこう

世界でたった一人の君と 出逢えた奇蹟に感謝しよう
これからもふたりでいよう ずっとずっと君と いつまでも

出会いと別れを繰り返し 僕等巡り会い恋をした
愛すること愛されること 教えてくれた君

君は決して独りじゃないよ 忘れないで僕がいること
ぬくもりふたりで感じたら 愛しさ溢れ出す

つないだ手を離さないでね つないだ手は離さないから
あたたかいこの手のぬくもり 教えてくれた君

ずっと ずっと・・・ 君と ずっと・・・

posted by SEI at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ダイヤモンド by加藤和樹

「東京ダイヤモンド」


さよならが 背中に突き刺さる
静かに君は部屋を出てゆく

今ならばまだ間に合うはず
プライドが邪魔をしてる
東京午前二時

このまま
このまま
そばにいて
それが言えたなら 針をもどして

イナズマがつらぬいた
あの夜のままで
二人いれたなら 裸のまま
ダイヤモンド ぶちまけた
街を見下ろして
もう一度言うよ 愛してた

何も無い あの部屋で二人
語り明かした 夢のあとさき

手に入れたガラスの摩天楼
大切なのは 君の笑顔だったのに

いまさら
いまさら
戻れない
色あせてしまった rose 愛の残り香

いつまでも いつまでも
変わらないままで
二人いれたなら 子供のまま
ダイヤモンド 夢見てた
日々を忘れない
もう一度言うよ 愛してた

このまま
このまま
そばにいて
それが言えたなら 針をもどして

情熱で 噛み付いた
青春のままで
二人入れたなら 無邪気なまま
ダイヤモンド 歪んでる
街を見下ろして
最後に言うよ 愛してる

posted by SEI at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WARNING by加藤和樹

「WARNING」



何処へ急ぐわけでもないだろう
モノクロームな明日に戸惑うの?
目の前に映るシルエット
君がBaby baby

つまり「ただの偶然」に対して
この出会いを「運命」と呼ぼうよ
めくるめくヒューマンストーリーで
胸を Knockin'on knockin'on yeah!

千の闇を灯すような 真実が欲しいんだ

唇がWarning warning 触れたら
言葉はガラクタ
情熱を注ぐなら そこにだけ咲く花
So Venus venus…

瞳の奥に罪を隠した 僕の素顔を疑わないで
甘えたり束縛して 君を Hold on hold on yeah!!

千の星に願うのに 泣かしてしまいそう

愛しさに Warning warning 堕ちれば
抱いてもギザギザ
午前零時過ぎには 同じ夢を見ようか?
So Venus venus…

唇がWarning warning 触れたら
言葉はガラクタ
情熱を注ぐなら そこにだけ咲く花
Warning warning堕ちれば
抱いてもギザギザ
午前零時過ぎには 同じ夢を見ようか?
So Venus venus…

posted by SEI at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

One Star by伊藤陽佑

「One Star」


笑って ふざけ合っても
何かが違う 何か足りない
誰にも言えないこと…

答え 探してみても
何が正しい? 何が間違い?
ゆらゆら揺れる迷いを 吹き飛ばせ

欲しいモノはいちばん 遠くても つかむさ
いつかは あの世界を 手に入れるさ
未来はもう 止まらない 明日も輝くだろう
どんなときも 光る夢がある

ずっと輝く空を
見上げる時に 答えが見える
昔の悲しみなんて 吹き飛ばせ

欲しいモノはいちばん 遠くても 欲しいさ
いつでも 君のために 戦うのさ
未来はもう 止まらない 明日も輝くだろう
何度だって 光るひとつ星

無茶苦茶でもいいから あきらめず行くんだ
すべては愛のために 戦うのさ

欲しいモノはいちばん 遠くても つかむさ
いつかは あの世界を 手に入れるさ
未来はもう 止まらない 明日も輝くだろう
どんなときも 夢があれば
何度だって 光るひとつ星


posted by SEI at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OVERHEAT〜姫のテーマ・実琴バージョン〜 by 鎌苅健太

「OVERHEAT〜姫のテーマ・実琴バージョン〜」



見えない権力に操られては
注目浴びて
普通の生活望んでるのに
カスタマイズされてゆく

押し付けられた 常識とか
妙な価値観は
いつになっても 慣れないけど
周囲に 後押しされ

視線浴びまくって 過剰なスキンシップも
ぐっと堪えて
顔引きつったまま 本音DarkなSmile
今日も秘かに輝かせる

愛とか友情 希薄な時代に
贅沢だけど
チヤホヤされすぎてこの心は
Overheatしそうさ

彼女もいるし 幸福だし
満足ができる
平穏な日々過ごせるって
思っていたのにah・・・

歓声浴びまくって 濃密すぎる世界で
心を決めて
自分じゃない自分 見せてあげるよSpirit!
地に足はついてないけどね・・・

視線浴びまくって 過剰なスキンシップも
ぐっと堪えて
顔引きつったまま 本音DarkなSmile
今日も秘かに輝かせる

歓声浴びまくって 濃密すぎる世界で
心を決めて
自分じゃない自分 見せてあげるよSpirit!
地に足はついてないけどね・・・

posted by SEI at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

果てしなく澄み渡る空の向こう目指して〜実琴のテーマ〜 by 鎌苅健太

「果てしなく澄み渡る空の向こう目指して〜実琴のテーマ〜」



何も言わなくていいさ そんなに見つめなくても
ガラスみたいな心は 君の事 察知している
吹きつける強い風に さらわれそうになったら
僕が守ってあげるよ 無条件のヤサシサで

幾億の歴史の バトンを受け取った
僕達の世代で 明日を変えてゆこう

果てしなく澄み渡る
空の向こう目指して
精一杯生きていよう
真っすぐな心を あげる

眩しすぎる太陽に ほら、手をかざしてごらん
心深く眠ってる 真実が見えるはずさ
柔順な僕の姿 そこに映っているなら
直球で投げる想い 零さずに受け止めなよ

照準をあわせて スポットライト浴びて
ブレーキきかないほど テンションあげたら

どこまでも駆け抜けよう
答えはひとつじゃない
少し不器用だけれどね
全開の笑顔を あげる

果てしなく澄み渡る
空の向こう目指して
精一杯生きていよう
真っすぐな心を あげる

どこまでも駆け抜けよう
答えはひとつじゃない
少し不器用だけれどね
全開の笑顔を あげる

posted by SEI at 09:50| Comment(1) | TrackBack(0) | Artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。